>

海外医薬品購入と個人輸入代行を知るための総合情報サイト

個人輸入代行とは?

医薬品輸入購入代行の仕組み

医薬品輸入代行とは、客の依頼に応じて、個別に海外医薬品の注文、決済、配送など、もろもろの手続を請け負うことです。その仕組みについて、簡単に説明すると以下のようになります。

・輸入代行業者
 外国の業者に指定の商品を注文し、客の代理として、注文された商品の代金を支払います。そして、注文者が指定した住所に商品が配送されるよう手続
 きします。商品は海外の業者から直接、客の所に送られてきます。

・利用者
 輸入代行業者に商品の代金(輸入代行手数料を含む)を支払います。

医薬品輸入代行業者を利用すれば、海外の言葉が分からなくても、医薬品を輸入することができます。また、煩わしい手続きを抜きにして、日本で販売されていない商品を現地価格で購入することが可能です。

トラブルと注意すべきポイント

個人輸入代行業者を利用した際に、トラブルが起きても同サービスに関する法規制がほとんどないのが現状です。また、直接海外の業者に交渉する場合でも、語学力や時差等の事情によって、交渉し解決することは困難です。そのため、まずは広告やカタログをしっかり注意して読みましょう。個人輸入代行業には、体裁や申込方法が通信販売と類似しているものがみられます。通信販売との区別がつかない結果、通信販売だと認識していたが、トラブルが起こってから、初めて「個人輸入」だと分かったというケースもあります。カタログや広告に、取り扱っている商品に関して、ウソや誇大な効能、効果、安全性を表示している場合もあります。すぐに信用せず、まずは専門家に相談しましょう。それでも、何らかのトラブルが生じた際は、最寄りの消費生活センターに相談しましょう。


この記事をシェアする