海外医薬品購入と個人輸入代行を知るための総合情報サイト

海外の医薬品を購入する方法、個人輸入代行ってどんなもの?

海外の医薬品を購入するにはどうする?

薬は、病気やケガの治療などに非常に重要な役割を果たすものです。しかし、薬には、効能、効果のみだけではなく、副作用というリスクも併せて持っているのです。時には、薬の副作用で死に至ることすらあります。薬を安全に使用するには、その薬に関するリスク、正しい使用方、保管方法に関する知識が大切です。海外医薬品は、薬機法(旧薬事法)に基づく品質、有効性、安全性が確認されていません。日本と海外では、医薬品に対する品質や安全性などの基準が違うことに注意が必要です。海外の医薬品には、全く品質や効果などが検証されていないものもあり、使用には細心の注意が必要です。また、効果がないばかりか、有害物質が含まれており、健康被害が出ているケースもあります。また、海外から個人輸入した医薬品は、自分自身が利用する場合のみ許可され、他人へ渡したり販売することは違法行為です。海外から医薬品を購入すること、そして、その医薬品を個人輸入代行を通じて購入することは、自らの命に関係することもありうる、大変リスキーな行動なのです。

最近では、海外の医薬品などを、輸入代行を通じて購入する人が増えました。それに伴って様々な問題が起こっているのもまた事実です。輸入代行の利用をする際には、購入者自身がその責任を負うことを覚悟せねばなりません。覚悟がつかないようであれば、輸入代行を利用した海外医薬品の購入は検討しなおした方が良いかもしれません。自分の健康リスクは自分で管理するしかありません。

海外医薬品の購入と個人輸入代行の総合的な情報を提供します!

一般の個人が消費する目的の範囲内であるならば、海外から医薬品を輸入することは可能です。ただし、医薬品は法律によって強い規制が加えられており、個人使用目的で輸入する場合に関しても、一度に輸入できる量などが細かなルールによって決められています。

個人輸入代行とは?

個人輸入代行とは、個人に代わって海外からの輸入を代行するサービスです。このサービスを利用することによって、海外の医薬品購入をスムーズに行うことが可能になります。ただし、このサービスを利用する際のトラブルを避けるために、押さえておくポイントがあります。

海外の医薬品の購入とリスク

海外からの医薬品の輸入には、メリット、デメリットの両方が存在します。海外医薬品の個人輸入に関する知識の不足は、おもわぬトラブルや、事故、違法行為のもとになる可能性があります。海外医薬品の個人輸入に関して、注意すべきポイントについてしっかり押さえておきましょう!